2012年07月01日

歯抜けデータの空白セルを埋める方法[Excel]


1_歯抜けデータ.bmp
↑のような歯抜けデータは、見た目は良いけどオートフィルターがかけられないしデータをしては扱い辛いですよね。

この空白を埋める方法は・・・


まず、一番上の空白セルの1行上にオートフィルターをかけます。(この場合は2行目)
2_歯抜けデータ_オートフィルター.bmp

つぎに、オートフィルターで空白セルを抽出します。
3_歯抜けデータ_空白セル抽出.bmp

そして、一番上の空白セル(この場合はセルA3)に『=(イコール)』を入力し
続けて、ひとつ上のセル(この場合はセルA2)をクリックしてEnterキーを押下します。
つまり、この場合セルA3に『=A2』という計算式を入れます。
4_歯抜けデータ_計算式.bmp

空白セルに「ひとつ上のセルと同じ値を表示して!」って計算式を入れたという事なので、
この場合、セルA3はセルA2と同じ『肉』が表示されました。
5_歯抜けデータ_計算結果.bmp
今計算式を入れたセルから、データの一番下のセルまで選択し(この場合はセルA3からA12)
Ctrl+Dキーを押下して、全ての空白セルに計算式を埋めます。
6_歯抜けデータ_フィルダウン.bmp

オートフィルターをはずしてみると
7_歯抜けデータ_完成.bmp

ジャジャ〜ンひらめき 
完成るんるん


と、油断しないでくださいね。
計算式をこのままにしていると、行を削除したりした時に
8_歯抜けデータ_計算式エラー.bmp
↑のようにエラーになっちゃいますので、
忘れずに”コピー&値貼り付け”しておいてくださいねかわいい






posted by Ponta at 11:42| Comment(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。