2012年08月25日

「認めてほしい」が成長を邪魔する

松下幸之助さんって有名だけど、どんな方なのか知らなくて・・・読んでみました。


ある日、松下幸之助さんが取引先の工場に行った時のこと

その会社の社長は、自分より目上で経験豊富な松下幸之助から

教えを乞う絶好のチャンスのはずなのに、自分ばかり喋っていた。

衆知を集めたければ常に謙虚な態度をもっていないとダメだ。

というお話が載っていました。

おそらくこの社長は、

少しでも自分の経営のやり方を知ってほしい

あるいは認めてほしいという気持ちにとらわれてしまったのだろう。

と解説してありました。


うぅ、耳が痛い・・・

ACの私は、認めてほしい願望が人一倍強いので、この社長と同様に

目上の方に対しても、というかむしろ目上の人だからこそ

自分がどんだけ賢いかって事をアピールしたくなっちゃうあせあせ(飛び散る汗)

そして、「すごいね。偉いね。」って言われたいって思っちゃうあせあせ(飛び散る汗)


そうですよね。

自分ひとりで考えつける事、経験できる事には限界がある。

他の方々の知恵や経験を聞くって重要ですよね。

未熟者でしょうがいない。

恥ずかしいことじゃない。

バカでいいんだ。

気をつけよう・・・かわいい




posted by Ponta at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

文字をくっつけたい[Excel]

文字列結合_例.jpg

別々のセルに入っている内容(文字)をくっつける

更に、セルにない文字をくっつける方法です。

数字を足し算する時は、+を使いますが、文字をくっつける時は、を使って計算させます。

『〒』や『−』のように、セルにない文字を計算式に入れる時は、
その文字を”(ダブルクォーテーション)で囲みます。

郵便番号を例にやってみましょう。

言葉でいうと、
・先頭に『〒』の記号をつけたい
・その後に、A列の〒上3桁をくっつけたい
・その後に、『−(ハイフン)』をくっつけたい
・その後に、B列の〒下4桁をくっつけたい
って事ですね。

この計算式を、どこか空いている列(D列)に入れてみます。

セルD2に入れる計算式は、『=""&A2&"-"&B2』となります。

文字列結合_計算.jpg

すると、『〒100-0000』となりましたぴかぴか(新しい)

文字を計算させるって、ちょっと妙な感じですねかわいい


posted by Ponta at 18:19| Comment(1) | TrackBack(0) | Excel基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

簡単に合計を知りたい(オートカルク)[Excel]

オートカルク_例.jpg

サクッと、ちょこっと、合計を知りたい時は、計算式を入力しないで

オートカルク機能を使います。


まず、合計したいセルを選択します。
オートカルク_セル選択.jpg

すると、、、ステータスバー(エクセルの画面右下)に合計が出てま〜するんるん
オートカルク_合計.jpg

ステータスバーの上で、右クリックすれば、
合計以外にも、「平均」や「データの個数」などに切替る事ができます。
オートカルク_切替.jpg


オートカルクが表示されない場合は、ステータスバーが表示されていないので、
ツールバー「表示」⇒「ステータスバー」を選択してください。
オートカルク_ステータスバー表示.jpg


簡単でしょかわいい

posted by Ponta at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。