2012年08月10日

循環参照をほっておかないで![Excel]

循環参照_警告メッセージ.jpg

今日、会社で共有して使っているブックを開いたら、↑こういう警告メッセージが出たのですふらふら
「えっ?循環参照?」って思わず声をあげてしまったら、
同僚が、「あ〜そうそう。コピーとかした時に何か変な風になっちゃったんじゃない?」
って、普通な顔で、良くある事じゃんって感じで言うの。
はぁ〜グッド(上向き矢印)なんでそれをほったらかしてんのむかっ(怒り)
ちゃんと計算できてないのになんで誰も直さないわけ?
意味わかんない!どういう神経してんの?パンチ
と、心の中で暴言を吐いたのでした・・・


循環参照とは何か。なんて事はどうでもいいです!
とにかく警告メッセージにある通り、計算できてないのです!計算式が間違っているのです!
なので、正しく直してください!!


・・・あ、そっか。
皆どこの計算式が間違っているのかわからなかったんだぁひらめき


ということで、今日のブログのネタは迷わず循環参照になりました。(前置きが長くてすみません)


冒頭のような警告メッセージが出たら、「OK」ボタンを押して循環参照ツールを出します。

もし、「キャンセル」を押すなどして循環参照ツールが表示されていない時は、
ツールバー「表示」⇒「ツールバー」⇒「循環参照」で、循環参照ツールを表示させます。
循環参照_循環参照ツール.jpg 

循環参照ツールのプルダウン▼を押すと表示されているのが、間違った計算式が入っているセルです。

クリックするとそのセルにカーソルが移動します。

計算式が間違っているので正しく直します。

循環参照_計算式.jpg

この例の場合、『=SUM(B2:B7)』という計算式になっていますが、
合計を計算したいなら、『=SUM(B2:B6)』ですよね!

セルB7に、『=SUM(B2:B7)』となってしまっていたので計算できなかったのです。

計算式を見てもよくわからない場合は、「参照元のトレース」ボタンを押すと、
どこを計算しているのかが矢印で表示されるので、わかりやすいと思います。
循環参照_トレース.jpg


もう、循環参照をほっとかないでねかわいい




posted by Ponta at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。