2012年08月13日

電卓は要らない[Excel]

とある職場で同僚が、PCの前で一所懸命に電卓をたたえているのです。

「あれ?どこまで打ったかわかんなくなっちゃった」

「あれ?どこかで打ち間違えちゃった」

と、何度もやり直しているのです。

また、別の日には

電卓をたたいた結果をエクセルに入力して

「あれ?どこを足したんだっけ?」

ってわかんなくなってるのです。。


お願いだから、エクセルを使ってちょうだいexclamation×2

エクセルなら、打った内容が残るから

どこまで打ったかも、打ち間違ったかも、どう計算したかも、後から見直せるから!!
入力した内容.jpg


ほんと、みんな電卓が好きですよね〜バッド(下向き矢印)


他の職場では、レジの中のお金の金額を出すのに、みんな電卓をたたいてるのです。

お金の数を数えては、

「一万円が10枚」と言って、『100000』と電卓をたたき

「五千円札が5枚だから」と頭の中で5000×5を暗算して、『+25000』とたたくのです。

だったら、↓こんな感じのフォーマットを作っておけばいいのにぃ!!
レジ締めフォーマット.jpg

金額の欄には、金種×数の計算式を入れておいて、枚数を入力するだけ済むように出来るんだよ。


もっと表計算ソフトであるエクセルを活用しましょ!

そうすれば、事務処理は

もっと楽に!

もっと正確に!

もっと短時間に!

もっと効率的に!

なるのですかわいい


posted by Ponta at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Excel基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。