2013年01月20日

時間は"ある"とか"ない"ではなく・・・

私が初めてオフィスワークをしたとき、上司に教わったのが

「時間は"ある"とか"ない"ではなく、"作る"ものだ!」ということ。

話のきっかけは、終電で帰れれば良い方ってくらいに忙しい職場で、

休日出勤もあたりまえな中、デートをする時間はあるのか?という

仕事とは全く関係ない話しから出たのが、この答えだったのですけどね。。

なんだか説得力があって、今では私のモットーみたいになっています。


仕事は、終業時刻までに終わらせる。期限を決めてやり終える。

と、決めてとりかかると、限られた時間をいかに効率よく使うかを考え、

仕事を早く処理する技も身についてきて、時間が作れます。


それに引き替え、終わったら帰ろう。終わるまでやろう。

というような考えでは、効率よくやる必要がないのでなんとなく時間が過ぎて残業し、

その結果、「忙しくて時間がない。。」って状態になる。


一日は24時間。それは変えられません。

効率よく時間を使いましょうexclamation


なんて偉そうに言いましたが、わたしも私生活では時間を作れていません。。

洗濯は、着るものがなくなるという期限があるのでやりますが、

掃除は、明日やろう。週末にやろう。やっぱり来週やろう。とズルズルやらずに過ごしますし、

図書館で借りた本は返す期日があるので読みますが、買って本棚に収まっている本は読まないまま。。

つい酒を飲み、テレビをぼーっと眺めて時間を費やしてしまいます。。

でも、「時間がない」とは言いません!


「時間がない」とか「時間があったら・・・」と思っている方

ちょっと時間のあり方を見直してみてはいかがでしょうかわいい


posted by Ponta at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。