2012年10月02日

行削除してもズレない連番(ROW関数)[Excel]

row関数_例.jpg

連番(通し番号)のふり方はたくさんありますが、一番オススメなのはROW関数を使った方法晴れ

ROW関数は、行番号を返す関数です。

行番号とは、↓この番号のこと。
row関数_行番号.jpg

では、セルA2に 『=ROW()』と入力してみましょう。
row関数_式1.jpg

行番号の『2』となりましたね!

例の場合、タイトル行があるので、連番=行番号ではなく、連番=行番号−1としたいexclamation

なので、セルA2は 『=ROW()-1』とすればよいのです。
row関数_式2.jpg

きれいに連番になりましたぴかぴか(新しい)

この方法なら、途中の行を削除しても番号がズレなくていいですよかわいい



posted by Ponta at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは行を並べ替えたりするときも便利だね
Posted by yukinojo at 2012年10月04日 23:02
>yukinojo
確かに!!
Posted by Ponta at 2012年10月05日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。