2013年03月31日

オフィス マスター取得しました〜(*^^)v


本日、MOSのAccess 2010とPowerPoint 2010に合格しました〜るんるん

先月、Excel 2010 ExpertとWord 2010 Expertを取っているので、

同じバージョンで、4科目合格すると

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター取得って事になります。

なんか、”マスター”ってつくといいですね。マスターヨーダみたいで。


さて、わたし4科目受験するのに2種類の参考書を使いました。

これからMOSを受験する方のために、それぞれの特徴を書こうと思います。




FOM出版のよくわかるマスターシリーズ

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

新品価格
¥2,100から
(2013/3/31 18:32時点)

わたしは、AccessとPowerPoint の勉強に使いました。

<特徴>

バッド(下向き矢印)A4変型判で、デカイ。持ち歩くのは無理。
バッド(下向き矢印)白黒赤の3色。レイアウトもイマイチで、読む気が失せる。
グッド(上向き矢印)模擬試験5回分+ランダム試験と、問題の数が多い。
グッド(上向き矢印)模擬試験の採点方法が実際の試験と同様に、結果があっていれば○
  過程は採点に含まれないので、余計なところをクリックしても大丈夫!

受験会場でこの参考書を持っている人が多かったです。
人気みたい。
内容はいいんだけど、見栄えが悪くて、勉強を始めるまでに時間がかかるかな。



翔泳社のマイクロソフトオフィス教科書シリーズ


マイクロソフトオフィス教科書 MOS Excel 2010 (CD-ROM付)

新品価格
¥2,499から
(2013/3/31 18:44時点)

わたしは、Excel(Expert)とWord(Expert) の勉強に使いました。


<特徴>

グッド(上向き矢印)A5判なので持ち運べる。電車の中や寝ながら読める。
グッド(上向き矢印)カラーで読みやすい。
バッド(下向き矢印)模擬試験3回分。サンプル問題は多いけど、模擬試験が少ない。
バッド(下向き矢印)模擬試験の採点方法が、キッチリ解答通りの操作でないとダメ。
  結果が一緒でも、余分なクリックをしたり、関数で省略できる引数を入力したら×だったむかっ(怒り)


実際の試験を受けた時に、「参考書にはそんな問題なかったよ。。」って結構思いました。
サイズが小さくて、サンプル問題が多い分、情報が少ないのかもしれません。。



ということで、お金に余裕がある方は、

まず、カラーで見やすく小さい翔泳社のマイクロソフトオフィス教科書シリーズで勉強して、

模擬試験は、FOM出版のよくわかるマスターシリーズか

わたしは使っていませんが、他社から問題集が出ているので

それをやるのがよいかもしれません。

でも大体どの科目も、1週間くらい勉強すれば合格すると思いますよかわいい



ラベル:MOS
posted by Ponta at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。