2013年05月30日

MONTH関数の結果の頭に0を付けたい(TEXT関数)[Excel]



txt関数_例.gif

”month関数 0を付けたい”とWEB検索した方がいました。

それには、2つ方法があります。


@表示形式で0がついているように見せる


セルの書式設定の表示形式を、『ユーザー定義』にし、「種類」を『00』にすれば、0がついて見えます。
txt関数_表示形式.gif


ただし、これは見た目だけ0がついているのであって、値としては、『5』のままです。




ATEXT関数で0をつける


TEXT関数は、数値を書式設定した文字列に変換する関数です。


TEXT(,表示形式) と使います。


の部分にMONTH関数を入れて、
表示形式を@同様に”00”とします。(表示形式はダブルクォーテーションで囲みます)
text関数_text関数.gif



すると、『05』となりますぴかぴか(新しい)
txt関数_結果.gif


@とは違って、この方法なら値に0が付きます。



お題が”month関数 0を付けたい”だったのでMONTH関数を使いましたが、

実は、TEXT関数だけで日付から0のついた月を算出することができるのですひらめき


=TEXT(A2,"mm")』とすれば、『05』になりますぴかぴか(新しい) この方が簡単!!

text関数_text関数2.gif



ちなみに、『=TEXT(A2,"yyyymmdd")』とすると、『20130523』になりますぴかぴか(新しい)
text関数_text関数3.gif




方法はたくさんあります。好みと状況で選んでくださいかわいい


posted by Ponta at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。