2013年06月09日

蛍光ペンや下線をつけるのは非効率!?

基本に返ろう:完璧なメモを取る方法(ライフハッカー) 以下、抜粋


メモを繰り返し読んだり、蛍光ペンをつけたり、下線をつけたり、内容をまとめたりする手法は、
情報を思い出すのに役立つとして以前から推奨されてきました。ですが、科学的心理学会
報告書で示されているように、そうした手法のほとんどは時間を費やす価値のあるものでは
ありません。それどころか、「Time」の記事にもあるように、たいていは非効率的な手法です。

 
え〜
 
子供のころから、”ノートを取る”って言ったら
 
蛍光ペンとか、赤ペンで波下線を書いたりしてた。。
 
人によっては、教科書を丸写しして上で蛍光ペンしてたよねぇ
 
未だに学生は、やっちゃってるんじゃない?
 
有用性が低いって。非効率だって。
 
ちょっとショック・・・
 
もっとマインドマップ練習しようかわいい



posted by Ponta at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。