2013年06月19日

セル内の改行の前までの文字を取り出したい[Excel]

char10_例.gif

セル内の改行の前までの文字を取り出すには、

LEFT関数FIND関数、それからCHAR関数を使います。


CHAR関数は、文字セットのコード番号を文字に変換する関数です。

といっても、何の事??って感じですよねぇ。

改行は、目には見えませんが”改行文字”が入力されているのです。

この”改行文字”を、CHAR(10) と表します。

あまり深く考えずに、改行はCHAR(10) ということだけ覚えてください。



FIND関数は、指定した文字が何文字目かを調べる関数です。

検索文字列を、改行文字のCHAR(10) にして

=FIND(CHAR(10),A1) とすれば、改行文字が何文字目かがわかりますぴかぴか(新しい)
char10_find.gif



そして、LEFT関数は左(先頭)から指定した文字数分の文字を取り出す関数

文字数は、改行文字の1文字前まで

つまり、FIND(CHAR(10),A1)−1 なので、

=LEFT(A1,FIND(CHAR(10),A1)−1) とすれば
char10_結果.gif

改行の前までの文字を取り出すことができますぴかぴか(新しい)



ちなみに、CHARキャラクターと読みますかわいい


ラベル:エクセル 関数
posted by Ponta at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。