2013年06月21日

ジグソーパズルの次は・・・


ジグソーパズルなどのゲームで現実逃避をしているわたし。


でも、ゲームではただただ時間を費やすだけ。


そこで今は編み物で現実逃避exclamation


ゲームと同様、


単調なルール以外は何も考えなくてよいのです。


いえ逆に、現実を思い出せば間違えちゃうので軽い集中が必要。


単純な作業の繰り返し。


これが現実逃避に効果的なのです!


編み物がゲームと違うのは、時間を費やした結果が残ること。


今は羽織物を編んでいるので、羽織物が残るわけです。


自分で着てもよいし、人にあげたりもできる。そういう物が残ります。


ということで、「ゲームよりは良い。」って自分に言い聞かせています。


わたしの場合は編み物ですが、料理などもいいかも。


実りある現実逃避方法を見つけてみてくださいかわいい


posted by Ponta at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

住所から都道府県名だけ取り出したい[Excel]

都道府県取出_例.gif

住所から都道府県名だけ取り出すにはどうしたら良いか。

まず考え付いたのは、

”都”、”道”、”府”、”県”の位置を調べて、先頭からその文字までを取出すとか。

でも、すごく長い数式になっちゃう。。


ちょっとググってみたら、

都道府県名って、”神奈川県”・”和歌山県”・”鹿児島県”の3県は4文字

他はどこも3文字なんだってひらめき

気づかなかった〜〜

だから、

もし、4文字目が”県”だったら左から4文字を、そうじゃなかったら左から3文字取り出せば良い!

都道府県取出_式.gif



この規則性を初めに思い付いたの誰だろう。すごいかわいい

ラベル:エクセル 関数
posted by Ponta at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

セル内の改行の前までの文字を取り出したい[Excel]

char10_例.gif

セル内の改行の前までの文字を取り出すには、

LEFT関数FIND関数、それからCHAR関数を使います。


CHAR関数は、文字セットのコード番号を文字に変換する関数です。

といっても、何の事??って感じですよねぇ。

改行は、目には見えませんが”改行文字”が入力されているのです。

この”改行文字”を、CHAR(10) と表します。

あまり深く考えずに、改行はCHAR(10) ということだけ覚えてください。



FIND関数は、指定した文字が何文字目かを調べる関数です。

検索文字列を、改行文字のCHAR(10) にして

=FIND(CHAR(10),A1) とすれば、改行文字が何文字目かがわかりますぴかぴか(新しい)
char10_find.gif



そして、LEFT関数は左(先頭)から指定した文字数分の文字を取り出す関数

文字数は、改行文字の1文字前まで

つまり、FIND(CHAR(10),A1)−1 なので、

=LEFT(A1,FIND(CHAR(10),A1)−1) とすれば
char10_結果.gif

改行の前までの文字を取り出すことができますぴかぴか(新しい)



ちなみに、CHARキャラクターと読みますかわいい
ラベル:エクセル 関数
posted by Ponta at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。